報告:市民と議員の意見交換会㏌みはま(2018年10月30日)

市民と議員の意見交換会㏌みはま
10月30日、ZOZOPARK会議室を使い、議会報告会を行いました。
みどりのサッカーコートを眺めながらの気持ちのよい場所ということもあり、多くの方が参加してくださいました。
今回は、代理人からの報告の後、グループにわかれ、報告内容について、または身近な市政の問題について自由に話し合っていただきました。

■報告内容
松井かよ子-東京都よりも厳しい、全国一厳しい受動喫煙防止条例について
ライドシェア・育児シェアなど地域で作る共助のしくみついて
2017年決算審査から千葉市のお金の使い方について報告
岩﨑明子-学校跡施設の有効活用について、他県市の事例を参考に報告
石炭火力発電所建設計画と粉じん被害について
学校のエアコンと児童生徒の健康を保つ教育環境について
渡辺忍-スクールセクハラについて、市内教員のわいせつ行為による処分が毎年起っている実態について
放課後子どもの居場所について
口腔崩壊から見える子どもの貧困について
■グループワークの報告から
・学校のエアコン導入について、公平性を保ちながら2年後よりも前に設置はできないのか
・石炭火力発電所計画の反対運動はもっと活発にならなければいけない
・外国人居住者との共生に関して
・ごみの個別収拾の可能性は
・10年後の人口減にそなえて、交通政策や学校統廃合のことが心配
・放課後の子どもたちが過ごしやすい環境をつくるには
といったことがあり、40分ほどの話し合いは好評で、参加者のみなさんが声を出していただけた充実したものでした。