〈中間報告〉コロナ影響調査 第1次集約

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策による影響についてのアンケート
結果第1次集約

3月16日からWEBとFAXなどでお答えいただいた「新型コロナウイルスの感染拡大防止対策による影響についてのアンケート」の結果

コロナアンケート全項目まとめ200511(PDF)

問4-1)A)「学校が休みになった影響」があった方は具体的に教えてください

・子どもの学力の低下
・特になし、学校、部活が忙しかったので、本を読んだりリフレッシュになっているよう。
・会社に子供を連れて出勤するシングルマザーが大変過ぎて気の毒
・日常が突然に奪われ、こどもも大人も動揺した。
・特別支援学校小学部一年生の息子は4月に入学してから生活リズムが整い毎日非常に手厚く支えていただいていた。このサポートが急遽途絶えてしまったことは非常に残念です。いち早く再開を望む気持ちと再開したときに感染などが広まることになってしまったら…などなど複雑な思いです。ですが、刻々と時間は過ぎていくことに焦りを感じております。
・小学生の娘が家でなかなか勉強をしない。
・給食、などが無いこと
・フリースクールも休校になり、1ヶ月分の売上がなくなった。
・生活リズムが急に変わった。学習時間が減っている。
・幼稚園が時間短縮になり、預かり保育も使えず予定をキャンセルした。
・子供の休学で、妻の仕事数(パート)が減った。
・学校の校庭で遊ぶのはダメ、家でできることは限られている、パソコンは親が使うのに、そういう端末を利用してのドリルなどが出されても、なかなか利用できない
・子供の生活リズムが崩れた
・親子通園に兄弟を連れて行けなくなったので、通園に行けない。
・上の子の運動面、精神面で心配。ストレスがたまってしまっている。
・卒業前の登校日が無くなった
・小1の孫が学童、学校に行っているが、かえって濃厚接触になり心配。遊び場がなく、かわいそう。
・学校での生活がバランス良く取れていたのが、一日中家にいることになり、子供や親のペースが乱れてストレスになっています
・特別支援学校休校の影響で重度の障害がある長女を日中預かってもらえる場所が無く、母の行動が制限されてしまう。本人も学校で普段している活動が無くなってしまったり友達と会えなかったりで単調な毎日になってしまう。

問4-2)B)「公共施設(公民館や図書館など)が休館になった影響」があった方は具体的に教えてください

・予定していた会合の会場変更
・図書館は行けなかった
・ジムが使えない
・予約の貸出ができるので利用している。
・図書館に行かれない
・図書館には入れず、予約した本を受けとるだけです。
・公民館で計画していた講演会を中止にせざるを得なくなった。
・こども達は行き場所を失い、健全な精神状態を維持することが難しい。
・当方企画のイベントがすべて中止となり、収入がなくなりました。
・本を借りることができない
・子どもたちの遊び場に困った
・サークル活動ができなくなった。
・体育館が使えず、孫が使えなかった。
・図書館で本や新聞、雑誌を読めなかった。

問4-3)C)「仕事への影響」があった方は具体的に教えてください

・サービス業の経営者なのでメディアに出てしまう懸念
・仕事が休みになってしまって収入減
・留守番できる年齢なので助かっている
・観光業、フリーランス、3月からの仕事が全てキャンセルになりました。
・体操の教室を開いていますが、自粛休みが半数です。
・時給で働いている為、仕事量が減って、収入が減った。
・売上の減少
・学校関係の仕事をしてるので、仕事があるのかないのか、なかなか決まらずバタバタした。
・フリースクールも休校になり、1ヶ月分の売上がなくなった。
・通勤が制限された。
・収入の減少
・子供の休学で、妻の仕事数(パート)が減った。
・会議中に換気タイムを設けた。
・パートなので、休みはとりやすいが、そのまま春休みになってしまい、病弱のこどもの預け先にも悩んだし、仕事をやめることになってしまった。こどものことを考えると仕方ないかなとも思いますが。
・サービス業のお客様が、減収でこちらにも降りかかってきた。
・塾が休みになり収入がなかった。障害者支援で運動に連れて行くいきいきプラザが休みとなり支援ができなかった。

問4-4)D)「生活への影響」のあった方は具体的に教えてください

・食費がかさむ。
・トイレットペーパーと、外出の回数を減らすため、食品のために少し最初お金がかかったが、ある食材を丁寧に使うので節約になっている。
・収入ゼロ状態、更に長引きそうで不安です。
・買い物以外家を出ません。友人に会えないのが寂しいです
・デマにより物資が手に入らない
・トイレットペーパー類などが店頭から消えたことはマスクなども含め、本当にいままで通りに売られるのか、不安をあおります。
医療的ケア児の息子の病院からの物品支給(吸引チューブ、アルコール綿など)が今後支給されなくなることが起こりうるのかとしれない!などなど心配しております。
・通院もしていいものかどうか迷う。(通院先は感染症患者受け入れの病院だから)病院に足を踏み入れる事自体、躊躇して迷い、結局自粛しています。
・仕事がなくなり、収入がなくなったことで「安定的な生活」ができなくなり、デマ等による爆買いにより物資不足でなにもできない
・ネットスーパーを利用して購入していたものが買えなくなった。
・大病をした家族がいるため、外出、通院など非常に神経を尖らせねばならないこと。
・感染症予防のためのマスクなど必需品が手に入らないこと。
・生活リズムが崩れ出来ていた事が出来なくなってしまった
・マスク、手指消毒液が購入しづらくなった。
・子どもの傷の手当て用にガーゼを買おうと思ったら品切れだった。花粉症だがマスクが手にはいらない。
・収入がなくなったこと。自分もメンタル的に疲れてしまう。
・外出できない
・マスクなど不足が発生している。
・子供を思うように外に連れ出してあげるのとができなくなった。
・どこへ行くにも重度の障害やてんかん発作のある長女を連れていかなくてはいけないのでかなり行動が制限されてしまう。
・学校が休みになったことで職員が来れない状態になったため、通っている施設が休みになってしまったり、通園先の卒園式に出られなくなったり、お別れ会すらも行けなくなった
・過剰に反応する人たちがいるため、マスクや紙製品が最低限の必要数すら購入できない
・電車で咳をすると、非国民のように見られる
・マスクはしないの?消毒液はないの?換気しなくていいの? 正直うるさい
・収入がなく生活費に困った。

問4-5)E)「趣味・娯楽への影響」のあった方は具体的に教えてください

・習い事が中止になった
・イベントなどの中止の影響で仕事や生活のスケジュールがずれ込む。
・あまりない。外遊びしない年齢だが、外で遊んでも気を付ければ感染はそれほどとのことで、パパなどは趣味のマラソンは大会を欠場したくらいで続けている。
・スポーツジムが休みになりました
・暇すぎてネットばかり見てしまいます
・小学校の体育館が使えなくなり、ママさんバレーが出来ない。
・集まりの中止や延期
・楽しみにしていたイベントごとも相次いで中止になりネガティブな心持ちになった。
・日曜日にのびのびと遊びに行けない。いつまでこれが続くのか…これからお花もどんどん咲いて良い季節なのに…
・自粛によりイベント中止をしている
・運動ができなくなり、余計に体調に悪影響
・ストレス発散する場がなくなった
・サークル活動ができなくなった家族が家にこもっている。
・どこにもいけない。
・野球観戦が行けなくなった
・イベントなどが中止になった。
・子供の習い事も、密室で大人数が集まるため、しばらく休校になった。
・家族みんなでの買い物やフードコートでの食事が出来なくなった
・日中預かってもらえないので仕方が無いとは思っているが母の息抜きができない。
・卒園するママ達の飲み会やランチ会が出来なくなった。私の趣味で通っているジムが行けなくなった。
・学校施設が使えず、趣味の運動クラブの活動ができなかった。

問4-6)F)「地域行事などへの影響」があった方は具体的に教えてください

・主催会合の開催の可否
・イベントなどの中止の為、仕事や生活のスケジュールがずれ込む。
・卒業式がシンプルになったが、三年生を送るため企画した出し物ができなくなって残念なようだ。
・様々な会合や勉強会の予定がキャンセルになり、今のところ4月以降も不明で不安です
3・11関連の追悼イベントが中止になった。娘の卒業式が先生と生徒だけで縮小して行われた。(謝恩会は中止に。)
・卒業式や入学式など、人生の節目を飾るような行事に影響が出たことで、寂しい思いをする人が沢山いた。
・いろいろなイベントが中止になり、先々のイベントもどんどんと。具体的な影響はありませんが、さびしさなどが募ります。
・プログラミング道場やボードゲーム会の開催ができなくなった。
・近隣の4月の祭りが早々に中止になった。
・団地内行事が中止になった。
・開催されるはずだった楽しみにしていたイベントが何個も中止されてしまった
・地域の勉強会、ボランティア活動ができなかった。

問5)千葉市に改善を求めたいことはありますか?

・対応を素早くして欲しい
・これ以上不景気にしないでほしい。メディアを止めてほしい
・公共施設の開放(時間、人を制限するなど条件付き)
・検査ができるようになってほしい。しつこい風邪をひいていて、なかなか完全に治らないので、このままでは、高齢者と気軽にあいさつや訪問などができない。春休みに高齢者だけで生活する実家に様子も見に行けない。
・ひとりひとりの公衆衛生についてしっかり広めてほしい
・子供達の行き場がない
・時間差で遊べる公園や図書館の利用認めてほしい(入り口に大人いて健康チェックする)移動図書館など
・小中学校の給食はそのままでも良かったように思う。
・学校の開放は4年生までにして欲しかった
・国の方針に右習え。ではなく市民目線で判断をして下さったことには、感謝です。が、いつも、思うのは千葉市長のマインドが末端の区職員にまでは届いていないんでは?ということ。いくら市長が有能でも、実際に生活の中で私たち市民と相対しているのは、若葉区の職員です。現場の職員の方々にも踏み込んだ対応をしていただきたいです。あと、いつも後回しになる、こども達の心のケア。一般の子ども達でさえも、ストレスからいつもなら考えられないような、行動や言動があります。障害があるとか、健全な家庭環境下にない子ども達は尚更のはずです。
・スクールカウンセラーによる保健室カウンセリングや、子どもSOS支援員の活用など具体的な施策が必要とされています。
・医療的ケアの必要な方々、お仕事で必要な方々に消毒などの手配を優先にしていただきたい。学校については本心はすぐ再開(給食も)していただきたい。(でも再開による不安もあるのでなんとも言えないですが)
・花粉症であり、喘息もちでもあるので、優先的にマスクが買えるようにしてほしい。同じ人はたくさんいるはず。
・フリーランスを生業としている方々が多いので、最低限度の日常生活の保証をしてほしい
・学校を再開してほしい。(ただし、アルコールなどの流通が安定し、衛生面で安全を保てる場合)
・現時点では、大変難しいかも知れませんが、①福祉サービス事業所、特にヘルパーや訪看などの小さな事業所への、マスクなど医療用品の優先的提供②食品を扱う店舗(地域のカフェなども含む)、理美容室など市民が行かざるを得ない場への保健衛生指導の徹底、マスク等の優先納品など。
・千葉市長の対応迅速であったと感じています早期対応ありがたかったです。
・安全を考慮した上で学校の再開
・Twitterやフェイスブック、パソコンを使わない人への情報伝達方法を工夫してほしい。商業施設に市のお知らせポスターを貼るなど。災害時に避難所情報が字幕で流れたようにテレビも活用できれば良いが、無理なのだろうか。
・衛生管理をしっかりやって、学校を再開してほしい。同調圧力につきあわない。
・我が子は障害があって何ヶ所かの施設に通っていて、休校になった影響で、障害者施設が休みになって困っている家族がいるということを知ってもらいたい。
・給食は出してあげてほしかった。
・介護、障害など社会福祉関係、低所得者への生活支援などのフォロー。

問6)今回の事を受けて気になることをお書きください。

・経済の収縮
・フェイク情報に振り回される人の多さ。自分自身の内側を観る事の重要性。
・経済破綻。リストラ
・過剰反応しすぎでは?
・こどもたちの遊びへの影響が心配です。
・校庭が使用禁止なのは何故なのか?早く使えるようになって欲しい。
・経済的打撃が弱者に大きく負担がふりかかるのではないかと懸念している。
・しっかり損切りするつもりでやってくれないと、いつまでも景気に影響し、その程度もひどくなる、日常生活への影響も深刻。実家の親族が倒れても面倒も見られない。大ナタ切て、中国のように早く終息させてほしい。
・恐怖ばかりが先行して買いためや引きこもりが起きている
・不安ばかりが先にたっている報道や情報が多い
・コロナに乗じて国会で緊急事態条項が含まれる法案が通ってしまった事、野党議員でも自公政権寄りに行動した人達が多かった事に危機感を抱いている。ショックドクトリン。大政翼賛会。種子法も水道法も、命に関わる。この先どうなってしまうのだろう。とても不安だ。
・熊谷市長が非常に熱く行動してくださることに感謝いたします。引き続き冷静に先頭に立っていただきたいです。とにかく息子のように感染リスクの高い方々が守られますように心からお願いしたいと思います。
・千葉市在住ではないので、千葉市の対応が羨ましく思います。
・みつわ台北小学校でボランティアでプログラミング授業を行ったのですが、新しくなった富士通のパソコンのスペックおよび仕様が近いづらそうでした。またタブレットも配布されてるようですが、あまり活用されてないようでした。
千葉市のパソコン納入は富士通と決まっているみたいですが、どういう事に使うのかなどの設計がないので、無駄な買い物にならないようにすべきだと思いました。
・差別や格差の広がり
・今元気な人、若い人たちの意識の低さ。これは、この社会自体の弱さの現れであると思う。自分も含め、人間、自分の経験値を超えることは難しいので致し方ないが、しんどい状況の人とって安心なことが、社会全体の安心につながっているということをどう理解し合っていけるか、改めて課題に感じている。
・経済への影響について、各産業で中小企業は持ち堪えることが出来るか気になっています。財政支援策や市民レベルで支援できることなどが無いかと考えます
・千葉県も臨機応変に対応して欲しい
・オリンピックがあるのか。日本がコロナをばらまくのも、海外からコロナがまた来るのもどちらもこわい。完全に落ち着くまで延期になれば良いなと思う。
・安倍総理のほぼ独断で発せられた全校休校要請が、あまり考える時間もないまま全国で受け入れられてしまうという、意思決定プロセスに脅威を感じる。
・病弱のこどもたちが安心できるスペースがほしいです。なにもできませんが、私は、放課後デイをつくりたいと思っています。台風の影響、コロナのことで、自信をなくしましたが、やはり、必要だと思います。
・保育士、幼稚園の資格は、もってますが、医療の知識をはじめ、なにもわかりません。少しでも、力になることがあればと日々思っています。
・危機管理のできない政府を選んだ我々が悪い。
・コロナウイルスが出たとの報告はありますが、細かい地域などの報告がないため、どこが感染の可能性があるのか、不明確なままなので、不安がつきません。
・この先の見通しが一切わからないので休校がいつまで続くのか不安
・いつになれば、落ち着いてくれるのか、普通の生活に戻れるのか不安だらけです。感染する人もいるのだから、心配しないでいいとは言えないが、騒ぎすぎだと思う。新型だから怖いのであって、通常の肺炎で亡くなる人は年間12万人もいる。肺炎で亡くなるのは高齢者が多い。数年経ったら、通常のことになることなのに。
・千葉在住の外国人の方々は大丈夫でったでしようか?いつまで続くのか、今後の生活再建をどうするのか。