【報告】「夜間中学を知る」学習会

「夜間中学を知る」学習会    2015年12月13日

松戸市で自主的に夜間中学を運営している榎本博次さんを講師に迎え、夜間中学の現状、課題などを伺いました。

夜間中学は1949年にスタートし、ピーク時は89校あったものの現在は31校にまで減少し、千葉県では市川市大洲中学夜間学級が一カ所あるだけです。今まで不登校などで形式的に卒業した人は公立の夜間中学には入学できませんでした。しかし昨年7月、文部科学省は「多様な教育機会の確保を!」と夜間中学にも形式卒業生を受け入れることとする大きな方向転換をしました。登校しなくても卒業してしまい十分学べなかった人にも教育の権利を保障しようとするもので、今が夜間中学校開校のチャンスです。
「松戸自主夜間中学」は1982年にスタートし、不登校・障がい者・ニューカマーなど様々な事情で学ぶことができなかった人が、仲間を見つけ、学ぶ場となっており、「生き抜く力を身につける」ことを目標にしています。
松戸市は文科省の方向転換を受けて、すでに開設準備に取り掛かっていますが、千葉市にまだその動きはみえません。市民の声を行政に届けて、千葉市での夜間中学開校を実現しましょう!
(千葉市でもH17年に検討委員会が開かれましたが、不登校生徒などを対象とすることなどに職員配置の点で県が難色を示し、実現できなかったとのことです)

詳細は松戸自主夜間中学校 http://members3.jcom.home.ne.jp/kshw-jishuyachu/mtd~yachu.html